トラックドライバーとして活躍したいなら、ぜひ知っておきたい『2024年問題』。
今回は、愛知県名古屋市をはじめ東海エリアで運送業を営む有限会社小西運輸が、この問題について解説いたします。

運送業の2024年問題とは?

トラック荷物積み込みイラスト
2019年4月から導入された「働き方改革関連法」では、時間外労働の上限が規定されました。
我々のような「自動車運転の業務」を行なう人間の場合は、「年960時間」。
運送業への適用は2024年4月からとされており、この時間外労働の規制にともなう対応を懸念した問題が『2024年問題』と称されています。

実際に、上限時間を超える働き方をしているドライバーが多々おり、このままでは多くの企業がこの問題に対応できなくなってしまうのです。

この問題が業界に与える影響とは?

実際にどのような影響が懸念されるのか、対象ごとに見ていきましょう。

■ドライバー

時間外労働上限規制に違反した事業者には、懲役もしくは罰金が科せられることになるため、残業時間は大幅に減ることが予想されます。
しかし、時間外手当で稼いでいたドライバーは収入が減少してしまうため、生活に影響が及ぶ可能性があります。

■運送会社

規制に違反しないようドライバーの労働時間を削れば、自ずとこなしていた業務量も減り、全体の売上も下がってしまいます。
他方で、ドライバーに支給していた時間外手当は減りますが、それによって離職する者が出る恐れもあります。
人材を確保するために基本給アップの必要性が出てくるため、そうすると会社の利益は下がります。

■荷主

運送会社が利益を確保するために、運送コストが上がる恐れがあります。

とはいえ、労働時間が是正されることは多くのドライバーにとって利点のはずです。
弊社は、残業手当で稼がなければならないような会社ではないため、どうぞ安心してご応募ください!


愛知県名古屋市などの運送業のことは守山区の有限会社小西運輸
ただいま、2トン・4トンなど大型トラックドライバーを求人中です!
〒463-0003 愛知県名古屋市守山区大字下志段味字熊田401-1
電話:052-739-3052 FAX:052-739-3053